3/19 ゲンキくん

元気が出ねぇ日々。そういうのには理由がある。
元気が出ねぇ時はどうやって元気を出していたのか思い出せないので今日一日は元気を思い出してみたい。
その為にもまず、吐き出して整理してみる。

「今日のところは寝るしかないね」とのことで、昨日は22時過ぎにはベッドに入った。普段はあと3時間くらい後に眠っているので夜がめちゃくちゃ長く感じた。何か大事な連絡が着てるのではないかと思って、途中目が覚めた夜中にも携帯を触るような、そういうこともしなくなった。つーかできねぇ。身体が睡眠を求めてるのに疲れすぎて快眠できねぇという悪循環が一層、元気の無さに拍車をかけてる気がする。


で、マイナス思考が膨らみすぎてる。
いつも、マイナス思考が膨らんだ結果のゴールは自分以外の幸せについて考えてる。心のカーテンが揺れるのを慌てて隠したりしても、俺はそれを笑わないでいる自信がある。でも、笑われないでいる自信はねぇ、から元気が無いのかもしれない。


気力もなくて、することもなくて、移さないと治らない風邪のようだ。もしかしたらその風邪がもっと悪くなって、合併症を起こしているかもしれない。そうなるとどの病気がどこにたたっているのか分からなくなって、ちょうど今の自分のような気持ちになる。
とにかく俺はここ数ヶ月で色々売ったり、とりあえず必要のないものを仕舞ったりした。それはもしかしたら売ったり仕舞ったりしてはいけないものだったのかもしれない。だとするとやはり、この風邪は妥当で必然だから、とりあえずは様子を見て前を向いて進むしかない。


考えてみたら、別に正常な元気の無さだなと思い始め、この辺りから俺は少しずつ元気を取り戻し始めている。元気がでねぇ理由に、腕が腱鞘炎を起こして楽器が弾けないってのがある。ケーキを作る仕事をしているのだけど、楽器弾きたい人には勧めないでおく。そしてケーキを作る仕事にもこれ以上触れないでおく。



あらかた原因は分かったので、次は打開策を考えてみる。
まずジョギングにいく。別に今日だけ行くとかではなく、これは習慣でやってるんです。別に今日だけ行くとかじゃないんです。


湿布貼る。腱鞘炎に対して行います。元気がなかったのて半ばどうにでもなれと思って放置していました。でも元気が出始めたので、この日記を書き終わったら湿布を貼ります。


仕事は辞める。これは間も無く辞めることになってます。


以上が改善ポイントです。
冒頭に書いた、元気を思い出してみるというのは無理でだったが、気づいたら元気が無いのを受け入れられたので元気というのは思い出すものではないということ。
今日は休みなので映画を見たい。

f:id:notmaekawa:20190319091155j:plain

3/15 完璧に無くして

色々重なって忙しない三月を過ごしてる。
気づいたらもう半分終わってたけど、多分残りの半分もあっという間に終わる。落ち着いた頃には見慣れない桜を見ていることだろう。

写真を自宅プリントする、という機会が最近あったのだけど、なかなか便利かもしれないなと気付きました。やってみたら面白くて気付いたら必要ない自分の昔の思い出とかいっぱい印刷してた。で、頼まれていた写真を印刷するのを忘れるという。

春なので暖かいですが、風邪を引かないように。

雨はあがっていた

ふれてみたい ふれていたいわ 永遠
まるであわ玉みたいに
君の瞳がまだ混じっていた


子供みたい 忘れもしないな 永遠に
街にいる猫は平然
いつの間にか雨は上がっていた


君のことを待って
いつの間にか眠ってしまった
輪になって


今すぐ駆け出したいな
ボーイズ・トゥ・メン
進め 息求めて
いつの間にか雨は上がっていた


君のことを待って
いつの間にか眠ってしまった
泡になって


ふれてみたい ふれていたいわ 永遠
街にいる猫は平然
君の瞳はまだ残っていた


今すぐ駆け出したいな
ボーイズ・トゥ・メン
進め 息を止めて
いつの間にか雨は上がっていた


雨は上がっていた




雨はあがっていたという曲をsound cloudにアップしたのできいてください。

2/24 あたりまえ

おもひでぽろぽろのタエ子、昔の自分と重なる点が多すぎて見るのが辛い。分数のかけ算、納得は出来たけど果たしてこのクラスの何人がイメージを膨らませてこの問題に臨めてるのか、そして正しいイメージを湧かすことができない自分にイライラしていた。


「自分ができることを他人ができると思うな」
昔誰かに言われた言葉で、当時の自分はこの意味を知った気になって、自分への謙遜として消化してたけど、今思うと想像の余地も残さないほどのポンコツ。それでも俺はそれを、誰にいうでもなかったが世間に許されて生活を送ってる。だからじゃないけど俺は、なるべくみんなを許したいし、同じ気持ちの人達と生きていきたい。そうしないと受け入れてもらえないもんな。


昨日父親の還暦を兄弟で祝った。
カメラマンを自宅に呼んで撮影した。自分のアイデアだ。家族のこれまでの歴史を見直してみたかったから。
父親の肩に手を置いて寄り添う母親
奥さんと変なポーズして写る長男
次男と肩組んで写真を撮ったり、飼ってる犬も入れてみんなで写真に収まったり、まるで一旦保存されたセーブデータのようで、俺はまたいつでもここに帰ってこれるような気になった。



これまでの自分を振り返りながら、休暇を終える27歳のタエ子はやはり他人には思えない。


f:id:notmaekawa:20190224103845j:plain
犬と振り返る27歳

2/21 分身

全て決めていたすべてをぶっ壊す。最近の昼間がこんなにも春めいていたのは知らなくて、いつのまにか梅の花が咲いていたし、友達と飲みに行くこともないし外食もしてない。それでも山を見て海を嗅ぐことはできるし、地図を拡げて迷子になれるが、流動的で賞味期限の早いやさしさのことはいくら考えても掴めない。


俺は今日GRAPEVINEが観たかったが、観ることを中止にした。雨天中止だった。

流動的なのはむしろ自分のほう。心の海の無人島で体育座りしているのを満月が晒す。



もう来ないと思ってもやって来るのが春
あくびの後でくしゃみが飛び出るのが君
君に代わって、くしゃみを咲かすのが俺


来週には俺の分身が俺の代わりに全て決めていたすべてをぶっ壊す。俺は分身の代わりにくしゃみを咲かす。

2/17 最近わたしの暮らしはこう

ツイてない日々を過ごす。とほほ…。


喉元まで出掛けた言葉が、ふいの優しさで排水溝の奥底まで戻る。あるよなー!
なんでこのタイミング?なんで思い出すのがあの瞬間?なんでダサい服着てる時に限って?
的な。

あなたもあの時こういう気持ちだったのでしょうか。